2014年8月31日日曜日

【烈車戦隊トッキュウジャー】第26駅 キャプ画速報、ミオ(梨里杏) カグラ(森高愛)の入浴シーン

 



第26駅「銭湯で戦闘開始」8月31日(日)

トッキュウジャーが駅から降りた途端にクローズが襲ってくる。さらに、烈車もまるでシャドーラインの駅にいるかのように調子が悪い。車掌が烈車を調べる間、ライトたちは町を探索することに。


一方、ライトたちとはぐれてしまったカグラは、明を追って銭湯へ。
2人は、銭湯の店主が借金取りと言い争いになっているところを目撃。店主は悪人に騙され借金を負い、銭湯は今日で閉店することになってしまったというのだ。そこにライトたちもやってくる。
この銭湯が気に入った明とカグラは、店主のためにひと肌脱ぐことに。
カグラたちが銭湯を宣伝したところ、たくさんのお客さんがやってくるが、借金返済にはまだまだ足りない。
銭湯を守りたい明とカグラは、ビルドレッシャーを使って銭湯を土地ごと持ち上げ引っ越しさせることに。
すると、銭湯のあった場所から闇だまりが出現。この場所は、地脈の関係で人間の負の思念が自然と溜まってしまう逆パワースポットだったのだ。
この闇だまりのせいで銭湯の客足が遠のいてしまったのだ。そして借金取りの正体は、闇だまりを狙うコインシャドー。
企みを阻止するためトッキュウジャーはコインシャドーを撃破。
コインシャドーは、闇だまりの全ての闇を吸収し巨大化。明は、ディーゼルオーで応戦する。さらにカグラのアイデアで、超トッキュウオーファイヤーの放水&火炎のお風呂攻撃によりコインシャドーを撃破。
闇だまりもなくなり、銭湯も元に戻り、全てが解決したのだった。