2014年8月31日日曜日

【仮面ライダーガイム】第43話 キャプ画速報、舞(志田友美)あっけなく退場、戒斗 オーバーロード化

 



第43話 「バロン 究極の変身!」 2014/08/31

自らの命をなげうってでも舞(志田友美)を助けたい。光実(高杉真宙)は、ヨモツヘグリ・ロックシードで龍玄・黄泉 ヨモツヘグリアームズに変身。紘汰(佐野岳)も鎧武(ガイム)極アームズにチェンジし、激しい戦いを繰り広げる。

そのころ、舞は黄金の果実を手に入れるために戦う紘汰や戒斗(小林豊)らの運命を変えようと、自らが黄金の果実の力を受け入れることを決意する。


龍玄・黄泉=光実を助けたい鎧武(ガイム)は変身を解除させようとするが、龍玄・黄泉は必殺技を繰り出す。
鎧武(ガイム)は致命傷になりかねない一撃を受けながら、龍玄・黄泉からロックシードをもぎ取っていた。

鎧武(ガイム)、龍玄・黄泉ともに変身を解除。が、紘汰はその場に崩れ落ちていく。それでも「もう一度仲間になろう」と呼びかける紘汰。
紘汰を倒してしまった今、自分を許せるはずもなく、引き返すことなど出来ない。紘汰の気持ちに報いるためにも、自分は舞を救おう。
意識を失い、倒れてしまった紘汰を残し、光実は去って行く。

しかし、光実が目にしたのは厳しい現実だった。凌馬(青木玄徳)は黄金の果実を採り出すため、舞を犠牲にしてしまった。冷たくなった舞に泣き叫ぶ光実。ゲネシスドライバーを手に変身を試みるが、凌馬はキルプロセスを発動。ゲネシスドライバーを破壊してしまう。

何も出来ずに凌馬にいたぶられる光実。しかし、その時、黄金の果実が光を放つと、その光の中から金色の髪をした舞が現れる。悲しい結末にならないよう精一杯のことをやってみる。舞は光実に自らの決意と、別れを告げて去って行く。

時空の狭間を縫うように過去へと戻って行く舞。鎧武(ガイム)、バロン、龍玄に自らの言葉を口にしようとするが、思うように話すことが出来ない。

戒斗と耀子(佃井皆美)が、凌馬がいる病院へとやってきた。消えてしまった黄金の果実を必死で取り戻そうと冷静さを失う凌馬。しかし、舞の変わり果てた姿に怒りを露にした戒斗と耀子は変身を試みるが、光実同様、凌馬はキルプロセスを発動。2人のゲネシスドライバーを破壊してしまう。

ならば、と戒斗は戦極ドライバーを取り出しバロンに変身。凌馬は余裕の笑みを浮かべてデュークに変身すると、力で劣るバロンを圧倒する。
戒斗は、ついにヘルヘイムの果実を口にし、オーバーロード、ロード・バロンへと変身していた。

戒斗はロード・バロンとなっても、自らの意思を失ってはいなかった。冷静に凌馬に向かっていくと、圧倒的な力でデュークを翻弄。強烈な一撃で凌馬を叩き付ける。
かろうじて立ち上がった凌馬は「いずれ貴様は破滅する…」というセリフを残し、ビルの屋上から転落していった。