2015年7月19日日曜日

【手裏剣戦隊ニンニンジャー】忍びの21「燃えよ!夢の忍者野球」キャプ画速報、

 



忍びの21「燃えよ!夢の忍者野球」7月19日

好天の弟子見習いとなったキンジは、天晴たちと忍術を学ぶことになった。
ところが我流で忍術を身につけたキンジは、基礎の五トンの術を使ったことがなかった。

牙鬼軍団では牙鬼幻月の奥方 有明の方 が復活していた。
そこで、みんなに追いつくまで、一人で特訓することにする。
特訓するキンジの様子を見ていた、プロ野球選手を夢見る少年 北別府浩二(藤本飛龍)が、
お互い頑張ろうとキンジを励ます。

そんな中、夢を食べて奪ってしまう妖怪バクが出現。
戦いの中、北別府と天晴が、バクの攻撃を受け夢を食べられ、
北別府は野球に、天晴は忍者に興味がなくなってしまう。

再び妖怪バクが出現し、八雲たちは野球勝負に持ち込む。
卑怯な手ばかりを使う牙鬼軍団に、ニンニンジャーは忍者野球で応戦。
試合の中で、五トンの術が使えるようになったキンジは、北別府を野球勝負に誘う。
バクを打ち取った北別府は、野球の楽しさを思い出す。
一方、天晴もラストニンジャへの熱い気持ちを思い出し、超絶アカニンジャーで、バクを撃破。
巨大化したバクは、ライオンハオーで撃破する。








































次回は超合体。