2018年6月26日火曜日

【仮面ライダービルド】41話、ビルドジーニアスvsエボルのGIF

 

ロストボトルを使って新世界を創るー。
戦兎はビルドジーニアスフォームに変身、完全体になる前のエボルを攻撃し、変身を解除させる。だが、戦いに敗れたはずの石動=エボルは、何かを悟ったかのように満足気に去っていった。


戦兎の父 葛城忍を知る礼香(東風万智子)に会った龍我と紗羽が礼香から託されたUSBメモリーには、エボルドライバーを参考に忍が設計したライダーシステムの研究内容と、ベストマッチの秘密について書かれていた。
また、ロストボトルは人間を好戦的にするだけでなく、黒くなった状態のボトルを10本集めれば既知の物理法則を超える現象が起こるという。

戦兎と龍我が戦ったスマッシュは二人に関係のある人物ばかりであることが判明するが、戦兎と龍我との接点が不明な男が一人いることに気づく。
紗羽の調べで、接点が不明な男は忍の教え子の志水であることがわかり、戦兎は志水に会うが、志水はスタッグロストスマッシュに変身。

父 葛城忍について調べる戦兎は、現れたエボルブラックホールと戦闘になり、ロストスマッシュにされそうになるが、ビルドジーニアスの力で中和。ライダーキックでエボルブラックホールを圧倒する。
下等な人間に押されるエボルは激しい怒りでビルドを攻撃、「お前の希望を根こそぎ奪って、究極の絶望を味わわせてやる」という捨て台詞を残し去っていく。